ソウル・エデュケーション

広く浅く、趣味へ誘うブログ

初見の妻に『トータル・リコール(1990)』を観せてみた。あるいは、家で映画を観るということ

先日から始めた謎のYouTubeチャンネル『ホームムービーじゃ』で、

新作動画を公開しました。

 

f:id:soul_jam:20200531170804j:plain

 

このブログをご覧になるような方ならだいたいご存知かもしれませんが、『トータル・リコール』の1990年版を、妻と一緒に鑑賞する動画です。

 

界隈の映画ブロガーの方々は、情熱をもって映画館に通われています。

それにひきかえ、怠惰な私はコロナが流行っていなくても映画館へ出かけるのは2~3ヶ月に一度。

 

映画館で真剣に映画と向き合い、没入するのは映画館ならではの体験ではあるのですが、今の時代だからこそ『家で映画を観る』ことの楽しさを大事にしたいと思うのです。

 

たとえば、映画館では静粛がマナーですが、家で観るなら話は別です。

お酒を呑んだり、家族で過ごしながら、素直に感動をあらわにすることができます。

ざっくばらんに驚きや笑いを共有したり、この後の展開を無邪気に予想したり、感想を言い合ったりすることができるのです。

これはこれで、かけがえのない映像体験だと言えるのではないでしょうか。

 

『ホームムービー』という言葉をチャンネルで重視しているのは、そういう想いを込めてのことです。

(一方で、古い映画のリバイバル上映があると足を運んでしまうケースがあるのも事実)

 

動画内では妻と一緒に映画を観ているのですが、妻は『トータル・リコール』の本編をしっかり観たことがありません。

ただでさえビジュアルショックの大きいこの映画に、無邪気なリアクションを返す妻の姿は、身内びいきを差し引いても、 新鮮な喜びを与えてくれると思うのです。

 

では、本編をどうぞごらんください。

 


初見の妻と目玉も飛び出すトータル・リコール(1990)を観てみる

 

 

チャンネルページはこちら

【ホームムービーじゃ】

https://www.youtube.com/channel/UCWLMECYpunW2mEvOqDBjdng