ソウル・エデュケーション

愛する作品や文化を消化し、エッセンスを次世代に遺す『魂の教育』を目指して

『犬神家の一族(1976)』名作を今更ちゃんと観てみたら、やっぱり名作だった

犬神家の一族(1976)』

市川崑石坂浩二コンビの「邦画屈指の傑作」と語り継がれる名作を今更観てみたら、やっぱり名作だった

 

f:id:soul_jam:20180131180635j:plain


犬神家の一族(1976)

 

 

映画好きを自称するとき、必須科目のような『名作中の名作』といわれる映画を、あえて避けて通ってしまうアマノジャクな心、おわかり頂けますでしょうか。

いや、そんなのはただの言い訳、負け惜しみですね。

 

事実、これほど面白い映画を今まで見過ごしてきた訳ですから。

 

~~~~~~~~~~

 

私が市川崑監督の名前を知ったのは、子供の頃にケーブルテレビで見た木枯らし紋次郎で、アバンタイトル前に浮かぶ市川崑劇場」の文字によってでした。

 

木枯らし紋次郎には、それはもう、ハマりました。なんて格好いい番組だろう!…と。

キャラクターもさることながら、番組のもつ雰囲気、画づくり、演出などに感動したのです。

 

他の時代劇番組に比べてもザラザラとして、光と影のコントラストが強い画面。

汚れや生活感のあふれた感じの、寂れた田舎のリアルな風景。

急にスローモーションになったり、コマを静止させたり飛ばしたりといった奇抜な演出。

とくにオープニングでの、ギターのストロークのリズムにシンクロして、山間の引きの風景から紋次郎の姿へとコマ飛ばしでクローズアップするところなんか、あまりの格好よさに打ちのめされたものでした。

 

閑話休題

 

この話はきりがないので、続きはまたの機会ということで…。

 

ともかく、市川崑の映像は、ずば抜けてスタイリッシュで美しい

それは、この犬神家の一族においても同様でした。

 

なんと、頭に焼きつく画の多いことか。

美しさを堪能するだけでも見る価値がある!

 

その画の破壊力がすごすぎる余りに、

『不気味なマスク姿のスケキヨ』『水面から脚だけを突き出した死体』などの名シーンが有名になりました。

それはもう、あまりにインパクトが強すぎて数多くパロディ化され、ギャグ扱いされるくらいに。

 

でも、それに目を眩まされて本編を見ないのは不幸です。

 

これだけ登場人物が多く複雑な血縁関係を題材にしたミステリーでありながら、決してわかりにくいことはなく、次々に新展開があって引き込んでいく感じはもう、すごい。

 

もともとかなりテンポの早い作品で、現代の目から見ても冗長な部分はなく、飽きることがありません。

 

他の石坂浩二シリーズも後日見てみることに決定です。 

 

 

 

 以下、ネタバレも含んだ個別感想

 

タイトルロゴおよび、オープニングクレジットの文字デザインが素晴らしい!!

高い美意識を感じます。

映画などの映像作品では、こういったグラフィックデザイン的な部分まで行き届いていない作品が多く、グラフィック出身のデザイナーとしては歯がゆく思うこともよくあります。最近の映画でもよくあることなのに、70年代の邦画でこれだけのことをやっているのは凄まじい…。

『太い明朝系のフォント』+『L字状に組み合わさった文字組み』は庵野監督がオマージュしまくっていることでも有名ですね。

 

キャストが超豪華。

島田陽子がとにかく美しく、演技の感じも素晴らしいと思います。

出生も謎、行動も怪しいヒロインという役柄で、ともすれば『自立していないキレイどころのお飾り』とか『怪しげな性悪女』に見えてしまうかもしれないところを、圧倒的ヒロイン力でねじ伏せたという感じです。

 

あおい輝彦『誠実な男前』感もすごい。

 

市川崑犬神家の一族1976年のオリジナル版と、2006年のセルフリメイク版が存在しますが、個人的にはオリジナル版がリメイク版よりも圧倒的に勝っていると思います。

その最たる要素はキャスティング。特に、この2人の俳優の差が大きいと思います。

 

また、石坂浩二の金田一は語るに及ばず、大滝秀治の神主、加藤武の警察署長、寺田稔の従者など脇役が最高ですね。

金田一耕助を脇役と言いきってしまってますが…

 

佐清に成り変わっていた静馬が松子夫人に正体を告白し『謎が解けた!こいつが犯人確定!』とミスリードしてからの、突然の『水面から脚』の場面はカッコよすぎてシビれてしまいますね。

 

何度も見返してしまう…。

魔力のある映画を見た後の、幸福感に浸ることができました。