ソウル・エデュケーション

広く浅く、エモーショナルな趣味の世界をつまみ食い

映画レビュー

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、またの名を『ゴジラ狂の詩』

ゴジラマニアが偏執的な情熱をもって作り上げた『異形の映画』。 パラノイアゆえの巨大なカタルシスに圧倒されるが、平成VSシリーズの負の遺産を受継ぐ側面も。 ※例のごとく、ネタバレへの配慮は一切ございません。 常軌を逸した映画 長年にわたって熟成され…

『アベンジャーズ エンドゲーム』短文レビュー:人類が初めて体験する『キャラクター愛の洪水』に溺れる

『現在進行系の伝説』MCUのシリーズ集大成であり、10年間蓄積した財産をフル活用した、キャラクター愛の大氾濫。 ほかの誰にも真似のできない唯一無二の体験、それが『エンドゲーム』。 MCUの素晴らしさについて語った『マイティ・ソー バトルロイヤル』の記…

短文レビュー:キングコングの逆襲(1967)邦画特撮ファン感涙の一作

映画レビュー『キングコングの逆襲』(1967)ミニチュア特撮好きには感涙の一作。

短文レビュー:『宇宙大怪獣ギララ』(1967)ゆるくて楽しい、癒し系怪獣映画

カルト作品として名高い映画。 本作を観たあとに残るものは『地球~♪僕たちの星~♪』だと言い切れる 『宇宙大怪獣ギララ』は、『観てしまった以上、何かを書かざるをえない』ような作品でしたので、しばしお付き合いください。

短文レビュー:『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』(1968)ノスタルジー的な意味で楽しんだもの勝ち

一気にチープ&コミカルになった昭和ガメラシリーズの転換を象徴する一作。ノスタルジー的な意味で、楽しんだもの勝ち!

短文レビュー:『大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス』(1967)怪獣映画として名作すぎる

2大怪獣の繰り広げる空中戦!これぞ、昭和ガメラシリーズの誇る名作。怪獣映画として、娯楽作として非常によく出来ていて、名作としか言いようがない。

短文レビュー:『大怪獣決闘ガメラ対バルゴン』(1966) 意気込みやよし!ただ、ちょっとだけマジメすぎ?

ガメラVS敵怪獣というパターンの幕開けとして、非常にマジメな一作。ガメラが他の怪獣と戦うのはこれが最初ということもあって、随所に色々な試行錯誤があったのだろうかと思わせます。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』“凄すぎる”のは言うまでもないので、原作コミック既読者の目線からの雑多な感想をば

MCUがついに到達した10年の歴史の集大成!原作コミック既読者、そしてコミックファンとしての目線からレビューと今後の予想をば。

『ブラックパンサー』この高らかなアフリカ賛歌は、すべての人類を魅了する

ブラックパンサーをレビュー。元祖・黒人スーパーヒーローの映画は、豪華で魅惑的なアフリカ賛歌だった!史上初かもしれない『根っからポジティブな黒人映画』に酔いしれるべし!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の評価を整理して、心の平穏を得ましょう

シリーズ40年目にして投下された、超特大の爆弾映画。 肯定派・否定派に分かれ物議をかもした本作について評価点を整理し、安眠できるようにしたいと思います。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』インフィニティ・ウォーに向けてMCUの偉業を讃えよう

マイティ・ソー単独タイトルの3作目にして、娯楽に徹した愉快なスーパーヒーロー映画。 それにしても、MCUの安定感と『徐々に観客を馴らしていく』巧妙さには舌を巻くばかり。

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を観るための心構えとして『フォースの覚醒』を振り返る

スターウォーズの新たな三部作、2作目となる『最後のジェダイ』公開を控えた今、心構えを整えるべく『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を振り返ります。

『犬神家の一族(1976)』名作を今更ちゃんと観てみたら、やっぱり名作だった

『犬神家の一族(1976)』 市川崑&石坂浩二コンビの「邦画屈指の傑作」と語り継がれる名作を今更観てみたら、やっぱり名作だったという話 犬神家の一族(1976) 映画好きを自称するとき、必須科目のような『名作中の名作』といわれる映画というものがあります…

『スタートレック BEYOND』トレッキーによる悲喜こもごも。リブート版に足りないものとは?

新規ファンを獲得し順風満帆のスタートレックはどこに向かうのか? 旧来からのトレッキーが語ります。 J.J.エイブラムスの新生『スタートレック』劇場版シリーズ。 その最新作が『スタートレック BEYOND』であります。 本作自体はけっこう面白く、映像の美し…